Vライン脱毛するならココで決まり!

先月の当サイト申込み数No1☆
今月限定のお得なキャンペーンはコチラ!WEB予約するとかなりお得です(*´∀`*)

>>>両ワキ+Vライン美容脱毛完了 100円

両ワキ+Vライン脱毛が通い放題で100円!
もちろん追加料金は一切なし。ビキニライン脱毛といえばやっぱりミュゼが人気!
それに100円なら1回でも脱毛したらそれだけでお得。
やらない理由はないですよね!

Vライン脱毛おすすめランキング(

ミュゼ(編集長も通ってる♪)

ミュゼはVラインの通い放題をやっているサロン!しかも無期限で制限なくできちゃうんです♪Vライン以外にもハイジニーナメニューもありデリケートな場所が全部脱毛できちゃいます!

ミュゼの人気ポイント

  • たったの100円でVライン脱毛が通い放題
  • 無期限保証で追加料金一切なし!
  • 自信があるからこその全額返金保証つき!
  • 勧誘や売り込みはまったくなし!

>詳細はこちら

安心してVライン脱毛ができるミュゼのポイント

急なキャンセルでも大丈夫!当日キャンセルも無料

「まだ大丈夫だと思ってたのに生理がきちゃった…」そんな方も安心の当日キャンセル無料
キャンセル料がかかったり、1回分消費などのペナルティーをするサロンがある中、当日キャンセル無料はポイントが高いです♪

毛深くても安心!回数気にせずVラインがつるつるに!

心配なのはやっぱりお値段。回数多く通うとそれだけお金かかるんでしょ?と思われる方も多いですが、ミュゼのVライン脱毛は何と回数無制限!
納得がいくまで脱毛が可能なんです♪もちろん、追加料金も一切ありません!

Vラインでも痛みの少ないS.S.C.脱毛を使用

ミュゼの脱毛は最新脱毛法の「S.S.C.脱毛」。だからフラッシュ脱毛、ニードル脱毛と比べて痛みが少ないんです!
自己処理と比べて、肌へのダメージもほとんど無いので肌が敏感な方にもおすすめです♪

し・か・も!施術後は保湿力の高いプラセンタ入りのジェルを塗ってくれるので、施術前よりも肌が綺麗になっちゃうんです♪

>>公式ページをチェック

ミュゼってこんなに安くて大丈夫??

ミュゼがこんなに安いキャンペーンを出せる理由は脱毛効果が高いから。
高い効果を実感してもらうことで、他の部位でも契約が取れるので、安い値段でVライン脱毛が出来るんです!

また、ミュゼでは友達への紹介がとても多いので、その分の広告費も最初のキャンペーンへ使うことで、これだけ安くすることができるのです。

だからミュゼでは「安かろう悪かろう」なんて心配が必要ないし、強引な勧誘なんてしなくても大丈夫ってことなんですね。

>>ミュゼの詳細はこちら

Vライン脱毛おすすめ第2位

ディオーネ

  • VIO脱毛1回5,400円で体験できる♪
  • デリケートゾーンでも痛くないハイパースキン
  • 美肌効果の高い光でデリケートゾーンの黒ずみもケアできる!
  • 紙パンツで隠しながらの脱毛だから恥ずかしくない!

>詳細をチェック

Vライン脱毛おすすめ第3位

キレイモ

  • VIOを含む全身33か所が初月無料で脱毛できる!
  • 人気芸能人の御用達サロン!
  • 他サロンからの乗り換えで月額2ヶ月分が無料♪やり途中の脱毛も問題ナシ!
  • 月額制だからいつでも辞められる!とっても安心のサロン

>詳細をチェック

ビキニライン脱毛でオススメの厳選サロン徹底比較表

600人以上のモニターアンケートをもとにして、編集部スタッフがみんなで実際に通ってみました!
料金やキャンペーン、回数をもとにして本当にオススメできる脱毛サロンだけを紹介しています。

基本的にはこのサイトで紹介している脱毛サロンはどこもオススメなのですが、その中でもイチオシがどこかを徹底的に比較してみました。
この情報を有効に利用して、あなたにピッタリの脱毛サロンを見つけてみてください♪

サロン名 ミュゼ・プラチナム ディオーネ キレイモ

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ
料金 100
両脇脱毛付き
WEB予約限定価格
5,400円
(VIO全体)
月額9,500円
VIOふくむ全身33か所
1回あたりの
料金
最安値 5,400円
VIO全体
回数 無制限 1回 1回
勧誘 一切ナシ オススメ程度 一切ナシ
店舗数 180店舗以上 70店舗以上 30店舗以上
Vラインと
一緒に
全身脱毛
248,184円
24部位全身脱毛8回
360,000円
全身まるごと脱毛12回
月額9,500円
今月の
キャンペーン

公式サイトでチェック

公式サイトでチェック
KIREIMO -キレイモ-
公式サイトでチェック

Vライン脱毛のみならミュゼが一番!

ミュゼ・プラチナムの今月限定キャンペーンは何とVライン脱毛が無制限で100円!
しかも、一緒に脇脱毛も無制限に出来るのでやって損無しです♪

脱毛は満足いくまで何回か通う必要がありますが、ミュゼのこのプランは初回金額のみで2回目以降は手ぶらでも脱毛できちゃう!
追加料金は一切ないので安心です♪

>>Vライン脱毛が今ならキャンペーン中!

他にも色々!安いだけじゃないミュゼのポイント

生理の日程に神経質にならなくても大丈夫

業界最安値で脱毛 Vラインができて、なおかつ生理時でもキャンセル料がかからないミュゼはかなりおすすめ。
生理がいつ来るか分からないという方も安心して予約することができちゃいます。

どの店舗でも予約OKだから通いやすい

ミュゼではどの店舗でも好きに予約を取ることができます。
全国各地に180店舗以上あるので、職場の近くや自宅の近くなど状況に応じて店舗を選ぶことができます。
予約の状況はWEBから簡単に見ることができるので予約がとっても取りやすいんです♪

他プランの勧誘や関連商品の売り込み無し

ミュゼはホームページに「ミュゼの8つのお約束」として【勧誘しない】を記載しています。
勧誘がなく、気持ちよく通うことができるので、「お客様満足度no.1サロン」に選ばれている実績のある脱毛サロンです。

>>ミュゼの詳細はこちら

Vラインと一緒にIOの脱毛も考えている方はDioneでまず体験!

もし、Vラインと一緒にIOの脱毛を考えている場合はDioneで体験するのがオススメです!

ミュゼのキャンペーンはVラインのみですが、DioneならVIO全部の部位を脱毛可能。

実は通常契約するならIO脱毛もミュゼが安いのですが、ミュゼで回数を買う際にDioneで体験した分減らせると考えるとやっておいて損はなしです!

>>VIO脱毛が体験できる!詳細はコチラ

VIO脱毛意外の部位も気になる方は全身脱毛のキレイモがお得!

VIO脱毛意外にも複数脱毛したい部位がある場合、実は全身脱毛を契約してしまった方がお得です。
全身脱毛を契約するとしたら特にオススメなのがキレイモ。

月額制で無理なく通え、総額も他サロンよりもお得なんです。
また、他サロンでは別料金になりやすいIO脱毛や顔脱毛も施術箇所に入っているのでかなりお得です。

>>全身脱毛キャンペーン中!詳細はコチラ

今月のキャンペーンを利用してオトクに脱毛

各サロンのキャンペーンはお試しがほとんどですが、例え1回でも脱毛しておくだけで、その後にちゃんと脱毛する時回数を減らす事ができます。
通える範囲に以下の脱毛サロンがある場合は、絶対にお試しを利用した方がお得です。
今月のお得なキャンペーンはこちら!!(※初回限りなので注意してください。)

サロン名 キャンペーン内容
ミュゼプラチナム
両ワキ+Vライン(回数無制限)+I or Oライン体験 780円
とにかくお得なミュゼのキャンペーン。今月は人気の両ワキ+Vラインが無期限で何回でも脱毛できてたったの100円。しかも780円払えばプラスで好きな1箇所の部位が試せるキャンペーンも実施中!なので、IラインやOライン脱毛を試したい方にもピッタリです!これからどんどん予約が取りにくくなるので早めに申込みが◎

公式ページはコチラ

ジェイエステ
両脇12回+好きな1部位2回 600円
今月ジェイエステ両脇12回脱毛のプラスして19部位から好きな1部位を選んで2回脱毛できるキャンペーンを実施中。好きな1部位は普段キャンペーンになることのない部位も選択可能なのでとってもお得です♪

公式ページはコチラ

ディオーネ
敏感肌・ニキビ肌OK!VIO脱毛体験 5,400円
従来の脱毛とは違って、ニキビやアトピーといった敏感肌の人でも脱毛できます。3歳から脱毛できるほど安全で痛みが全く無いので、肌が弱い人ほどオススメです。

公式ページはコチラ

ビー・エスコート
両ワキ39円 / ひざ下3,900円
両ワキやヒザ下が超お得なキャンペーン価格!脱毛し放題なので納得のいくまで施術を受けられるので、満足のいく仕上がりになります。カウンセリングは無料で受けられるので気軽に予約しちゃいましょう。

公式ページはコチラ

レイビス
全身24箇所から選べる3ヶ所脱毛 1,000円
レイビスでは全身の24ヶ所から選べる脱毛3部位がスペシャルプライスの1,000円で受けられます。デリケートゾーンはもちろん、普段できない背中やひざ下もできちゃいます。

公式ページはコチラ

今月のキャンペーンをはしごするならこの組合せがベスト。
これだけの部位と回数を脱毛しても全部で1万円ちょっと(美容院一回分と変わらない!)
早めに申込みしておかないと予約が埋まってしまうので注意してくださいね。

ビキニラインを脱毛するとすぐにIラインやOラインも気になってきます。
それであれば最初からデリケートゾーンを全部やってしまった方がいいですが、やはりそれだと結構コストが掛かってしまうので、まずはVゾーンから順番にやっていくことがオススメです。

それにIラインやOラインはやっぱりすごく恥ずかしいので、慣れてきてからの方がいいです(笑)
痛みに弱い人だと、デリケートの脱毛はとても痛く感じます。

そんな人はディオーネがおすすめ。
まったく痛み無しでデリケートなIラインOラインが脱毛できるだけでなく、黒ずみやシミがあって他では出来ないと言われた部分でも脱毛が可能です。

無料カウンセリングに行く前に!Vライン脱毛でよくある疑問を解決!

Vライン脱毛するなら何回コースを選ぶべき?

脱毛で悩むことと言えば、「何回コースを選ぶべきか」ですよね?

Vラインの脱毛は、毛が太いために1回の施術でも抜けるのを実感できたという人が多いです。
しかし、それは一時的なもの。

Vライン脱毛は毛周期に合わせて、2~3ヶ月に一度の頻度で脱毛効果のある光を照射します。
そのため、毛量を減らすのに回数が必要になるのです。

脱毛サロンなら6回目から自己処理が楽に

全体の毛の量が減り、毛質が変化したと感じるのは6回目くらいです。
自己処理を楽にしたい人であれば、6回コースでも満足するかも。

サロンでツルツルになるには12回以上必要!

ほぼすべての毛が薄くなり、産毛のようになるのがおよそ12回
ツルツルの状態にしたいのであれば、これ以上通う必要性があります。
自分がどのレベルまで毛を無くしたいか、きちんと決めておくことがコツです。

回数についてさらに詳しく知りたい人はこの記事をチェック!
Vライン脱毛、何回で効果が出る?回数ごとの効果の違いはコチラ

いつ頃はじめるといいの?

Vライン脱毛を始めるなら、いつの時期がベストなのでしょう?

春から夏前のVライン脱毛が大人気!

ビキニを着る夏に向けて、Vラインの脱毛を始めるという人も多いようです。
そのため春先から夏までの脱毛サロンは大混雑!
予約が取りづらいこともあるようなので、この時期に通う時はそこも考慮して、空いている時間帯に通うと良いでしょう。

空いてて通いやすいのは秋~冬

肌を出す季節が過ぎた秋~冬は、脱毛サロンに通う人も減るため通いやすい時期です。
また、脱毛にかかる回数を考えると、秋から通い始めると夏には毛量も少なくなる計算。
来年の夏にはキレイにしたいな~と思うのであれば、空いている時期から通うのがおすすめです。

脱毛したい!と思った時に行くのがベスト

どの時期から通っても、Vラインの脱毛には時間がかかるもの。
そのため、「Vライン脱毛をしよう!」と思った時に通い始めるのが一番です!

Vライン脱毛に行く前

Vライン脱毛に行く前に知っておきたいことはたくさんありますよね。
1つ1つ解決していきましょう!

Vライン、Iライン、Oラインの範囲って?

VIOはひとくくりにされてしまうことが多いため、それぞれの範囲がどこまでなのか、よくわからなかったりしませんか?
一般的に、Vライン脱毛には女性器の周り(Iライン)やお尻(Oライン)などは含まれていません。
もしデリケートゾーン全体を脱毛したいのであれば、VIO脱毛(またはハイジニーナ脱毛)がオススメです。

Vライン

Vラインというのは実際には足の付根の部分、水着や下着を着用した時に正面からみて逆三角形になっているV字の部分のことをいいます。

Vラインに生えてくる毛質は、太く縮れていて濃いです。
自己処理では毛質に加えて、生えている範囲が広いことからカミソリで剃っている人が多いです。

また、Vラインは下着や水着のふちで摩擦されることが多く、カミソリによる自己処理とあいまって黒ずみやくすみといった色素沈着の原因となります。(参考:気になるVラインの黒ずみどうしてる?自宅でこっそり治す方法

Vラインだけ脱毛する場合と、IラインOラインもまとめてやりたい場合とでは、お得なサロンも変わってきます。
脱毛したい部位をあらかじめ決めてからサロンを選ぶようにしましょう!

Iライン

Iラインとは、具体的に言えば女性の性器のまわりの部分です。
「え?そんなところまで脱毛できるの?」と思う方もいるかもしれませんが、実は結構人気の部位なんです。

女性のトイレを考えてみても、そこには毛が無い方が衛生的です。
また、水着やレオタードを着る機会がある人にとっては、脱毛してしまった方がハミ毛などの心配も無いので安心です。

アメリカやヨーロッパ諸国では、VIOがツルツルというのは当たり前(男性もなんです!)。
数年前に大ヒットした海外ドラマのSEX AND THE CITYでも、「毛を処理していないのはあり得ない」という表現がでてくるほどです。

そんな流行も手伝って、近年では海外のセクシーな下着や水着、Tバックなどが一般人でも当たり前に着用するようになり、むしろIラインのムダ毛は処理しているのが普通になってきています。(参考:もはやマナー!ヨーロッパのVライン事情

むしろ自分で処理がしやすいVラインよりも、自己処理が無理なIラインを先に脱毛するような人もいるほど。
それくらいIライン脱毛は当たり前になってきてるんですね。

Oライン

Oラインとはそのまま肛門の周りの毛のことで、ヒップ奥と呼ばれることもあります。
こちらは女性だけでなく、男性も脱毛してしまった方が衛生的です。
当然ながら、Oラインは自分でムダ毛処理をすることがほぼ不可能です。
鏡などを使用すればできないこともありませんが、デリケートな部位ですし危険なので絶対にやめましょう。

Vラインってどんな形にしたらいい?

毛は残したいけどどんな形にすればいいのかわからない方は、人気の形にしてみましょう!
また、自分がどうしてVライン脱毛をしようと思ったか考えることも大切です。
ショーツからはみ出ないように、毛量を減らしたいなど、ニーズにあった形にしましょう。

一番人気は逆三角形

自然に見える形で人気のトライアングル型。
スタンダードなのでいかにも脱毛しているという印象も少ないことで人気です。
困ったらこの形にするのがベターでしょう。

他にも、オーバル型やIライン型など、形の種類は多くあるので、どんな形にしたいか考えておくといいですね!
Vラインの形についてさらに詳しく知りたい人はこの記事をチェック!
【Vライン脱毛の形】人気デザイン&キレイな形を作るコツ紹介

ハイジニーナって何?

脱毛サロンで言われる「ハイジニーナ脱毛」とは、V・I・Oそれぞれのパーツすべてがセットになっているプランです。

しかしサロンによっては、Vライン上部などが含まれていないこともあるので、事前にお店に問い合わせるようにしましょう。

ハイジニーナとは、「ハイジーン」という語源から来ており、「清潔」という意味があります。
アンダーヘアをすべて処理しているのが清潔だということですね。

昔の日本ではハイジニーナにしている人はほとんどいなかったのですが、2009年に発売された写真集で叶恭子さんが完全に脱毛した姿を披露しました。

併せてSEX AND THE CITYの海外ドラマのヒット、タレントの壇蜜さんやマギーさん、AKB48の指原莉乃さんなどがハイジニーナを暴露したことで、お茶の間でもどんどんと浸透してきました。

スポーツの世界でも、男性でデリケートゾーンのケアをしている人が多くなってきています。
サッカー日本代表の香川真司選手もテレビで下の毛を処理していることをカミングアウトしていたりと、徐々に「身だしなみ」として認知されてきています。

自己処理の方法は?

セルフ処理だけでVラインを綺麗にするときも、脱毛前のお手入れの方法も基本は同じ。

おすすめは電気シェーバーで剃毛することです。
カミソリはお肌へのダメージも大きく、何よりデリケートゾーンはお肌がどこよりも敏感。
安全のためにもカミソリは使わないようにしましょうね。

脱毛前のお手入れでは、事前にすべての毛を剃っていきます。
初めて~3回目あたりまでは全剃で、毛質をやわらかく変化させるために行います。
途中から形を整えていくのです。

セルフ処理する時は、長い毛を切ってからシェーバーを使いましょう!
そのままシェーバーを使うと、長い毛が絡まって思わぬダメージを与えてしまいます。

Vラインのセルフ処理についてさらに詳しく知りたい人はこの記事をチェック!
Vラインの処理ならシェーバーがおすすめ!使い方と人気商品紹介

Vライン脱毛中の気になるところ

Vラインの脱毛施術中のギモンって人に聞きづらい…気になることもしっかりお答えします。

VIO脱毛中の格好は?

ビキニライン脱毛で気になることと言えば、やはり脱毛中の自分の姿ではないでしょうか…?
スタッフさんも同性とは言え、VIOを他人に見せるのはどうしても恥ずかしいですよね。

そこはどこの脱毛サロンも承知していて、「紙パンツ」を履いての施術がほとんどです。
「下半身丸出し」で脱毛を行うことはほぼないので、ご安心を。

照射する際にもタオルでVラインを隠しながらやってくれます。

VIO脱毛って痛いの?

メラニン色素が豊富で、皮膚も薄く、デリケートなVライン。
日頃から刺激を受けづらいデリケートゾーンの脱毛は、手足などの脱毛と比べるとやはり痛みがあります。

痛みに弱い人は、医療機関で受けられる「医療レーザー脱毛」ではなく、脱毛エステで提供している「光脱毛」や、ミュゼが提供している「S.C.C.脱毛」がおすすめ。

>>ミュゼ公式ページはコチラ

医療レーザーの方が脱毛効果のある光のエネルギーが大きく、脱毛回数は少なくて済みますが、その分痛みは強いです。

また、ディオーネが提供している完全無痛の「ハイパースキン脱毛」も良いでしょう。

>>ディオーネ公式ページはコチラ

Vライン脱毛時の痛みについてさらに詳しく知りたい人はこの記事をチェック!

Vライン脱毛ってやっぱり痛い?【痛みが不安な方へ】徹底解説!

生理になったら施術はNG?

女の子であれば十分あり得る、Vラインの脱毛と生理がかぶってしまった…という時。
デリケートゾーン周りの脱毛は、その心配がありますよね。
残念ながら生理中のVライン脱毛は基本的にできません。

衛生上できないことはもちろんですが、何より生理中のお肌はいつもより繊細
炎症が起きやすく、痛みも感じやすいため、施術を断っているサロンが多いようです。

生理周期が不定期で次の脱毛の予約が取りづらい、という人は、サロン選びの段階で「キャンセルの方法」をチェックして。

  • キャンセル料の発生はいつからなのか
  • 当日キャンセルは可能なのか
  • キャンセル料はいくらなのか

などあらかじめ確認しておきましょう。

また、脱毛サロンによっては「タンポンをしていればVラインの脱毛は可」というところもあるので、カウンセリングや申し込み時に忘れずに聞いておきましょう。

生理時のVライン脱毛についてさらに詳しく知りたい人はこの記事をチェック!
予約日と生理が被っちゃった!Vライン脱毛はできる?できない?

Vライン脱毛を行った後

Vライン脱毛を行って帰ってきた後も、わからないことがたくさん!
日常生活も気を付けることがありますので要チェックです。

アフターケアは?

脱毛後の肌は熱を持っていて、とても敏感です。
保湿ローションやクリームを塗り、しっかり冷却をして肌を鎮めることで、その後の肌トラブルを予防します。

ただし、サロンでしっかりアフターケアをしたからと言って、自宅での油断は禁物!
家に帰っても気を付けることがあります。

脱毛当日のNG行動

入浴

入浴は刺激になるので、当日はシャワーのみ。
洗うのもゴシゴシこすらず、優しく泡で洗いましょう。

日焼け

敏感になっている皮膚に紫外線を浴びせるのはシミのもとです。
肌の露出は控えましょう。

脱毛個所のムダ毛の自己処理

ムダ毛の自己処理は肌への刺激が大きいので、脱毛当日は我慢しましょう。

きつい下着や洋服を着る

Vラインは下着との摩擦がおきやすい箇所。
できるだけ肌触りの優しい素材でできた下着や洋服で過ごすようにしましょう。

脱毛後の肌に影響は?

もともとデリケートな皮膚なので、脱毛後の肌への影響は心配ですよね?

脱毛サロンでの肌の鎮静化が足りなかったり、医療レーザーの出力が強すぎたりすると、肌が熱を持ち赤みが出て、軽度の火傷のような状態になることもあります。

技術の低いサロンやクリニックで脱毛してトラブルにならないように、実績のある場所で脱毛するようにしましょう。

全身脱毛プランの方がお得かも!

近年では人気の脱毛部位となってきたので、各脱毛サロンでハイジニーナ用の脱毛プランを用意していることも多いです。
しかし、どうせVIO全部脱毛してしまうなら、全身脱毛してしまうことも選択肢の一つにいれておくのもいいかもしれません。

最近は月額制で通える脱毛サロンも増えてきています。
1万円もしない金額で通えるので、学生の方でも全身脱毛をしている人が多くなってきました。

何よりVラインを脱毛すると、IラインやOラインとの繋がりだけでなく、お腹や太ももとの境目が気になってくる人が多いです。
次はIライン、次は太もも・・・と順番に脱毛するなら、最初から全身脱毛してしまった方がコスパもいいので、もし「いずれは全身を脱毛したいなあ」と考えているかたは、全身脱毛プランも考えてみてもいいかもしれません。

ただ、最初から全身はちょっと・・という人は、各サロンでやっているキャンペーンを利用して、格安でVライン脱毛の体験をしてみてはいかがでしょうか。